Site logo

EcoHikariエコひかり格安省エネLED照明 二酸化炭素削減効果/省エネ長寿命のLED照明

中国のLED照明普及状況
01/12/11 09:49
電気代節約の目的もあり、ものすごい量で交換されているようです。

参考
http://japanese.cri.cn/881/2011/11/30/142s183654.htm

北京市発展改革委員会によりますと、2012年の3月末までに北京市では500万個の白熱電球を排除し、その代わりに省エネ照明製品を使用するということです。
 「省エネ照明製品に関する補助政策」に基づいて、北京市政府は今年、500万個の省エネ照明製品を普及させ、現在使っている白熱灯を逐次排除していくことを決めました。この白熱灯は家庭やそれに似た場所で一般照明として用いられている電圧200V250Vのものを指しています。ここでいうそれに似た場所には事務所、学校、病院、レストラン、百貨店などの公共施設が含まれています。ただし、科学研究や医療などで用いられている反射型や特殊用途の白熱灯は排除対象には含まれません。
 2010年末までに、北京市では白熱灯の代わりに3200万個の省エネ電球が使用され、これによって13億キロワットアワーの電力が節約できました。
 北京市発展改革委員会の関係者は、「来年までに500万個の白熱灯を排除すれば、1年間で19800キロワットアワーの電力が節約でき、電気代を1 500万元節約できる見込みだ」と述べました。
LED照明の将来
28/07/10 16:19 Filed in: 中国
日本でも各メーカーが白熱電球の生産を終了していますが、中国では国を挙げてLED照明の普及に乗り出しています。

2009年の記事ですが、
国際照明電器博覧会「LightingChina 2009」(414日~16日)が、北京国際展覧センターで開催されている。照明業界では中国照明市場が注目を集めており、特にLED照明にその関心が集中している。これは、中国政府が推進する省エネルギー政策による強い後押しもあり、LED照明市場の潜在力が極めて大きなものと認識されているからだ。

中国国家科技部は、「十城万蓋(10都市街灯普及)」プロジェクト計画を策定、これは全国10モデル都市を対象に、「LED街灯」普及を推進するものである。中国では今後、5年~10年内に、全面的に白熱灯から省エネ電灯への切り換えが予想されている。なお、中国の年間白熱電球生産量は44億個に達しており、これらが全面的にLEDを中心とする省エネ電灯へ切り替わることで、巨大なビジネス機会が期待されている。

LED
照明を中心としたプロジェクトは、現在各省或いは市単位で様々プロジェクトが目白押しとなっている。来年の開催を控えた一大プロジェクト、「上海世博会」に関するLED案件は既に大方が確定済みだが、LED街灯を中心とした地方都市の投資案件はこれからが本番で、、、

ホームページリニューアルしました
28/07/10 16:16 Filed in: 日本
ホームページリニューアルしてみました。

当社は中国のLEDメーカーから直接製品を輸入しています。
国内最安値とまではいきませんが、かなりお得な価格でご提供しています。
100
本を超えるようなオーダーは更に特別価格で受注対応いたします。