Site logo

EcoHikariエコひかり格安省エネLED照明 二酸化炭素削減効果/省エネ長寿命のLED照明

LED照明の将来

日本でも各メーカーが白熱電球の生産を終了していますが、中国では国を挙げてLED照明の普及に乗り出しています。

2009年の記事ですが、
国際照明電器博覧会「LightingChina 2009」(414日~16日)が、北京国際展覧センターで開催されている。照明業界では中国照明市場が注目を集めており、特にLED照明にその関心が集中している。これは、中国政府が推進する省エネルギー政策による強い後押しもあり、LED照明市場の潜在力が極めて大きなものと認識されているからだ。

中国国家科技部は、「十城万蓋(10都市街灯普及)」プロジェクト計画を策定、これは全国10モデル都市を対象に、「LED街灯」普及を推進するものである。中国では今後、5年~10年内に、全面的に白熱灯から省エネ電灯への切り換えが予想されている。なお、中国の年間白熱電球生産量は44億個に達しており、これらが全面的にLEDを中心とする省エネ電灯へ切り替わることで、巨大なビジネス機会が期待されている。

LED
照明を中心としたプロジェクトは、現在各省或いは市単位で様々プロジェクトが目白押しとなっている。来年の開催を控えた一大プロジェクト、「上海世博会」に関するLED案件は既に大方が確定済みだが、LED街灯を中心とした地方都市の投資案件はこれからが本番で、、、